中学英語からの復習

偏差値が40台の生徒さんに共通して言えるのは

「長文読解で点が取れていないこと」です。

 

もし、このホームページを読んでいる方で長文が読めないと感じたら、その原因を探ってください。

大きく分けて、下の3つのどれかに当てはまりませんか?

 

@ 文法はなんとなく覚えているが、整理ができていないため、読解に活かせない。

A 英単語・英熟語(イディオム)を覚えていない。

B 英文法はほとんど覚えていなくて、中学英語まで戻らなくてはいけない。

 

Aの原因はほとんどの生徒さんに当てはまるのですが、近年はBのケース特に中高一貫校や、進学校と呼ばれる学校の生徒さんに多くなっていると感じます。

「プログレス」や「トレジャー」といった、難易度の高いテキストを使い、中学生の間に高校範囲の文法まで進んででしまうため、どこかでつまづいたあと追いつくことができないまま大学受験を迎えてしまったのが原因だと考えます。

 

中学校の英語が不完全ということは、なかなか認めたくないとは思います。しかし、その事実をしっかりと受け止めて、本当の基礎から一つ一つ積み上げた生徒さんは、見違えるように英語ができるようになっています。

もしこの記事を読んで、自分も頑張ってみようと思ったら、是非中学の復習からトライしてみてください。

関連記事 ⇒何から勉強すればいいの?〜英語の基礎とは〜 

▲このページのトップに戻る