英語の効率的な勉強法(文法用語を覚えよう)

文法用語は覚える必要があるのでしょうか?

という質問によく出くわしますが、わたしの解答はYESです。

 

確かに、文法用語(例 「〇〇節」や「〇〇句」など)自体は入試に出ません。でも、私は文法用語を知ることは受験勉強をする上でとても重要であると考えています。なぜなら、参考書や問題集の解説が「文法用語」を使って書かれているので、文法用語を知っていて読む場合と、知らないで読む場合では理解度に大きな差があると思うからです。

 

「関係代名詞は形容詞節を導き、先行詞を修飾する」

「時と条件を表す副詞節の中では、未来のことも現在形で表す」

 

という記述を参考書や問題集で見たことはありませんか?

「形容詞」や「副詞」って何?

「節」ってどんな物?

そんな疑問が浮かぶはずです。そしてそんな疑問を解決せずに、「なんとなく理解したまま」勉強を進めることは非常に効率が悪いと感じます。

 

 「形容詞」 や 「副詞」 とは何かを理解する。

            ↓

形容詞「節」や副詞「節」 とは何かも理解できる。

            

不定詞の形容詞用法副詞用法と

  「形容詞」「副詞」という点で

  共通項があるのはなぜかも理解できる

            

他の項目と関連付けることができ、暗記に加速がつく。

 

そして何よりも、文法用語を知ることで、先生無しでも参考書や問題集を読みこなせる『自習力』が付くと考えています。 

関連記事 ⇒ こだわり〜英文法のつながり〜 

英語家庭教師トップページに戻る

▲このページのトップに戻る