日体大の英語対策(後期入試)|英語専門の家庭教師

日体大入試対策で4年前に担当した生徒は、前期がすべて残念な結果に終わり、後期試験で合格を果たしました。

中学英語レベルから10月にスタートし、宿題もきちんと進めてくれましたが、10月からの4カ月では、文法や単語の知識量が追いつかなかったのでは、と分析しています。


日体大の後期試験を受験される方のために、前期合格発表から後期試験までの3週間弱で、その生徒さんと共に使用した教材を下記に挙げたいと思います。

  • 過去問
  • NEXT STAGE(桐原書店)- 1〜3章
  • 英単語フォーミュラ1700(東進ブックス)-1から1700まで

過去問以外では上記の2冊に絞り込み、可能な限り繰り返しました。「NEXT STAGE」で英文法、語法、英語イディオムを、「フォーミュラ」で英単語の知識を、という感じです。


「NEXT STAGE」の他には、「UP GRADE」(数研出版)や「Vintage」(いいづな書店)の、文法、語法、イディオムの部分でも良いと思います。

また、上記の本の「イディオム」部分まで手が回らないのであれば、「合格英熟語300」(ごま書房新社)を覚える形でも、最低限のイディオム知識は得ることができると思います。


最後に、日体大に限らず過去問を解いたからと言って、英語の実力がつくわけではありません

必要な知識、つまり、「英単語、イディオム、語法、英文法のインプット」をし基礎力を付けて、初めて過去問を解くだけの知識が得られます。


ですので、しっかり準備をしてから過去問を解いてください。


2018年、2月後半〜3月試験にも対応>>短期指導コース

▲このページのトップに戻る