英語の定期テストと大学受験英語(1)

「英語の定期テストの点を上げてほしい」いうご相談が、高校一年生や二年生、もしくは中高一貫校の中学生の親御さんから、受けることがあります。


そのような際には、

「定期テスト前以外は定期テスト対策ではなく、模試や実力テスト対策をした方が良いのでは」とお話します。

 

両者のテストには、「範囲の有無」という大きな違いがあるからです。

定期テストの場合、出題の大半は教科書や副教材から範囲が指定され、テスト前にどれだけその範囲を暗記できるかが、得点の鍵となります。例えば「コミュニケーション英語」であれば、教科書の文を丸暗記していけば、高得点がとれる学校も多いと思います。

点が取れない場合は、「その範囲を覚えて試験に臨んでいない」場合がほとんどだと考えます。


一方で、実力テストや模試には試験範囲はほぼありません。

英語で今までに学習した(学校によっては学習してない)範囲すべてから出ます。長文も初めて読む文です。日ごろからコツコツと単語を覚えたり、文法を復習したり、長文問題を練習したりして、ようやく得点できるようになります。


英語の大学入試の問題も、当然ながらこのタイプの範囲のない試験です。


大学受験の為の英語を教える私の意見では、赤点ばかりで進級が危ない人以外は、「定期テスト」対策は1〜3週間前に行えば良いのではないかと思います。(指定校推薦などを狙うため、通知表の評定を上げなくてはならい方を除きます。)

それ以外の期間の英語の勉強は、模試や実力テスト等の、「範囲の無いテスト」対策をコツコツと行うこのが良いと思います。

この種のテストで点を上げるには、本当に時間がかかりますし、最終目標である大学受験と直結する勉強だからです。

▲このページのトップに戻る